半沢龍之介とbgs投資について

未分類

日本の金融庁が公式に発表した「2,000万円貯蓄が無ければ破産する」というデータは多くの人に衝撃を与え、日本では空前の投資ブームが起こっています。しかし、どのような事業に手を出せば良いか分からないという人も少なくありません。そのため、しっかりとした情報を獲得することが大切なのです。

■人物紹介について
現在、数々の業界から注目されている半沢龍之介氏の特徴は、自分の信念を結果で表すことだと言われています。1978年に中国の武漢市で生まれた半沢氏は母親の影響で小学校2年生にわずか5歳で編入したという過去を持っています。当然、周囲の子どもよりも体格や年齢が離れているため編入当時はいじめにあっていましたが、努力の末1位の成績を取り自分の価値を認めさせたのです。

その後日本の栃木足柄工業大学大学院を卒業し、大手企業でキャリアアップを積み重ねた半沢龍之介氏はケータイゲームの中国事業統括ディレクターとコンテンツディレクターに2011年に就任します。このとき半沢氏は「日本のゲームが衰退し、海外ゲームがシェアを奪っていく」と予想しました。このときも周囲から冷ややかな目で見られていましたが、現在では多くのアプリを海外から爆発的ヒットを届けており、この時の予言を自ら的中させたのです。

■将来性のある事業
多くの大ヒットコンテンツをプロデュースした半沢龍之介氏の新しいチャレンジとして注目されているのがbgs投資です。この投資は今後伸びていくオンラインゲーム事業が主な収益分野となっています。少額から参加できるだけでなく、自治体との協定があるため社会的信用度が極めて高いことが特徴として挙げられるのです。

このbgs投資はオンライン事業を主としているところがメリットだと言われています。現在のスマートフォンアプリは手数料が高すぎることが問題になり、ゲームメーカーと訴訟になることもあります。そのため、その代わりとなる受け皿が常に求められているのです。bgs投資は成長し続けるオンライン事業やゲーム事業において業績を伸ばしており、収益が見込めるため、投資内容として今話題となっています。

■注目の人物が送り出す新しいコンテンツ
半沢龍之介氏は小さな頃から自分の境遇と立ち向かい、結果を残すことで自分の地位を勝ち取ってきた人物です。幼少期には小学2年生に5歳の時に編入することになりましたが、周りの声を努力によって黙らせてきました。また、当時主流であった日本ゲームの衰退をいち早く見抜き、海外から日本のゲームシェアを奪うことにも成功しているのです。つまり、未来を予見し、その未来を実現するだけの実行力がある人物だと言えるでしょう。

そんな半沢龍之介氏が手がける新しい事業が「bgs投資」です。こちらは現在主流になっているオンラインゲーム事業がメインのコンテンツとなっています。オンラインゲーム事業において、その手数料の高さなどがトラブルの元になっていることから、このbgs投資がこれから伸びると言われているのです。また、自治体との協定があることや少額から始められるという点もメリットとして挙げられます。

”荒野行動”半沢龍之介氏による 神案件 【BGS】世界初の収益分配プラットフォーム