半沢龍之介が手がけるbgs投資について

未分類

普通に働いていれば会社が人生を守ってくれた時代は終わり、今の世の中はどれだけ企業に尽くしたとしても時代に合わなくなれば使い捨てにされるようになりました。そのため、自分の人生は自分で守る必要があるのです。企業から貰う賃金だけでなく上手に資産運用をすることによって新しい時代を生き抜くことが可能になります。

■経歴について
中国出身の半沢龍之介氏は多くのキャリアを積み上げ、33歳の時にモバイルゲーム会社の中国事業統括ディレクターとコンテンツディレクターに就任しました。この時の日本ゲーム企業は世界を牽引する存在と知られており、海外拠点を次々に設置するなど急激な普及をし始めていたのです。しかし、このとき半沢氏は「この後日本ゲームは勢いを無くして、海外ゲームがそのシェアを奪う」と予想します。

それを表すかのように2013年に新たなゲームアプリ会社の中国事業開発グループのマネージャーに就任し、2014年には企業を創業して海外ゲームのプロモーションについて力を入れ始めます。さらに、日本のガラケーやスマートフォンに力を奪われ、その中にあるアプリストアの影響力が日毎に増していきます。その流れを半沢氏は上手く取り込み、自身の予言を本物に変えたのです。

■高い信頼性はこれまでのキャリアが生み出したもの
bgs投資とは半沢龍之介氏が新しく打ち出す事業のひとつです。この投資の特徴にはオンラインゲームが事業の根幹にあるということが挙げられます。オンラインゲームというのはユーザーの使用する金額に際限が無いため、ゲームの売り上げに天井がありません。そのため、コンテンツとしての集金力が桁外れだと言われています。このような特性と半沢氏の持つゲーム業界へのノウハウがbgs投資の特徴だということが出来るでしょう。

bgs投資の特徴としては、その高い信頼性にあると言われています。何故なら、半沢氏は大使館から表彰を受けたり政治家と並んで雑誌に取り上げられるなど極めて社会的に信頼されているからです。それを表すように自治体と包括提携協定を結んだり、政財界からの人脈も非常に広く深いものとなっています。このような重要人物が手がける新しい事業のため、多くの人が注目しているのです。

■時代の波を乗りこなすビジネスパーソンが放つ投資事業
半沢龍之介氏の経歴を表すときに欠かすことが出来ないのが近代オンラインゲーム史についてです。日本のオンラインゲームはスマートフォンの普及によってどんどん活気を無くしていきました。それは日本のガラケー文化が終了したからです。そのような文化の終焉を半沢氏はいち早く読み解き、自身のノウハウを使用して新しいスマートゲーム会社を設立しました。このことだけでも先見の明があることが分かります。

ビジネスにおいて非常に優れた感性を持つ半沢氏がスタートさせたbgs投資は高い信頼性のある投資として注目されています。これまでのビジネスキャリアから分かる人脈や政財界との信頼性の高さを見ても、多くの人が安心できるような投資として注目されることがあります。オンラインゲーム事業を中心にしている事業のため、ますますこれからも発展していくと言われているのです。